前へ
次へ

外構工事の利用をする時は

外構工事を利用したいとお考えの方はおられますか。外構工事では、幸せで快適な暮らしをサポートするような

more

外構工事の注意ポイント

外構工事としては、塀やフェンス、駐車スペースの設置などが挙げられます。塀はコンクリートやブロック、石

more

外構工事を得意としている業者は

詳しく調べればすぐに見つかりますが、今は昔に比べてもはるかに多くの、外構工事が得意な業者がいろいろな

more

駐輪スペースの外構工事

マイホームと同時にマイカーを取得したのなら、駐車スペースという外構工事が必要になるでしょう。住宅にスタイルがあるように、駐車スペースにも『カーポート型』『カースペース型』『ガレージ型』などがあります。オフィス兼自宅、都会的暮らしでは、建物の中に組み込んでしまうピロティ型が定番化しています。カーポートは屋根のデザインもポイントで、柱を一列あるいは二列にして屋根をかけます。屋根の形も曲面や片勾配、切り妻型などがあり、印象をガラッと変えることができます。外構工事のプロは、汚れがましくない色にもこだわり、提案してくれます。また、狭小地や都会的暮らしでのピロティ型では、近年不安要素になっている自然災害の大雨による浸水において、排水工事も抜かりなく行ってくれますから、心強いのではないでしょうか。一階の壁の面積も少なくなるので、どうしたって、建物の耐震性(構造)を計画する必要がありますから、プロに任せるのが賢明です。また、外構工事では、玄関を開けたら通りに出る、そうしたケースもあり、車庫は扉を付けておくだけでも車上荒らし(狙い)に遭いにくくなります。オーバーハング型や伸縮型、引き戸型などがありますが、現在の車種に関係なく、将来のことも考えれば、ハイルーフ用の扉を選んでおくのもおすすめです。高さや横幅など、車の出入りに不自由がないかをしっかり確かめましょう。扉が上に跳ね上がるオーバードアは、扉の開閉スペースが要らないので狭小地におすすめです。車を大切にしたいと考えるなら、盗難防止のために駐車スペースのみ門扉のあるクローズドにし、アプローチは完全オープンにする外構工事も可能です。奥行きを長くとれば、駐輪スペースにあてることができますから、いずれお子さんが自転車を愛用することを考えれば、適したスペースを確保しておくのが利に適っています。雨除けの屋根は、車用にカーポートで、自転車用にはサイクルポートを設置するのもありでしょう。

Page Top