不動産投資と長期計画の作成と基本的な知識

不動産投資

不動産投資について

不動産投資と長期計画の作成と基本的な知識

不動産投資では、人生でも1度とか多くても数回の投資のイベントになりますので、失敗は許されない投資でもあります。
株式投資などでは、不動産投資と比べてみると、少ない資金で投資ができるので、無理をしなければ、失敗をしても立ち直れます。
ギャンブルや投機ということで投資をしなければ、将来取り戻すこともできるかもしれません。
しかし、不動産投資の場合には、資金額が多いので、長期計画を立てて、自分に適切な物件を探して投資をするということがリスク管理にもなります。
以前アパートの投資をしている人がいましたが、中古物件を購入して、その中の一部屋に住んで、他の部屋を貸すという方法で、収益をあげていました。
管理も楽ですし、状況も把握できます。
自分の住まいの家賃や購入費はゼロです。
不動産投資でも賃貸経営での資産運用では、できるだけ経費を減らして、収益をあげていくという方法を探していくということも、基本的な知識の中に入ります。

まずは、住宅についての基礎知識から学ぶ
本当の知識が身に付きます

貸事務所の仲介なら大阪の貸事務所ラボ
大阪市内の貸事務所をカンタン検索

リフォームのことでお悩みではありませんか?
不動産仲介会社であるスタイルオブ東京にご相談ください

リノベーションとオーダー家具作り専門のBondでお家を開放的な空間に変身させてみませんか?

こんなお部屋に住みたい
その願いを叶える渋谷の施工会社「ホームテック」です

関連情報一覧

不動産投資でのリスク管理と収益の圧迫

不動産投資でのリスク管理ということでは、いちばん計画が狂うのが空室のリスクです。
これは、入居

不動産投資での物件の購入時のリスク

不動産投資では、できるだけ安く購入できると利回りも向上するので、利益も増えることになります。

不動産投資での物件の購入後のリスク

不動産投資では、入居者がなければ収益が得られないということですので、空室リスクがいちばん大きなリスク