不動産投資での物件の購入時のリスク

不動産投資

不動産投資について

不動産投資での物件の購入時のリスク

画像

不動産投資では、できるだけ安く購入できると利回りも向上するので、利益も増えることになります。
しかし、相場より高めに購入してしまうと、借金を背負っているのと同じことになってしまい、資産運用が資産損失のための投資ということになり、借金生活を送っていることと同じになります。
いくら金利が低いと言っても、収益が少なければ、不動産投資を失敗したということにもなります。
最初が肝心ということですが、よほど選ぶ物件に気を付けないと、投資という意味では、収益を圧迫することになります。
その場合には、価格の問題ですが、不動産投資では、瑕疵物件というものもあり、知らないうちに、それらの問題のある物件を購入してしまうと、その対処で出費がかさみ、経費倒れになってしまう場合もあります。
長期投資ということで、毎月の家賃収入が収益になるのですから、修繕やその他の経費などの出費が増えると、ダイレクトに収益を圧迫します。
その点も気を付けてリスク管理をします。